スポーツ障害、城東区の蒲生四丁目の整形外科「おおにし整形外科医院」

整形外科、リハビリテーション科

スポーツ障害

おおにし整形外科医院の基本的な治療方針

野球やサッカー、バスケットボールなどの球技、空手や拳法、柔道、剣道などの武道、水泳や陸上などの競技など、体を使うスポーツをしていると、足や膝、肩、腰、腕、肘、手首など体のあらゆる部分が痛くなってくる時があります。

「痛いけど我慢してスポーツをしている」
「運動の後痛みが出てくる」

など症状の出方はいろいろあります。

スポーツに伴う痛みがある時、絶対に我慢しないでください。

当院では、院長をはじめスタッフ自身がスポーツ障害で悩み乗り越えた経験と、プロをはじめ、全国大会出場の選手など、多くの患者さんの治療に携わってきたノウハウがあります。


当院にお越しいただいた患者さんからは

  • 「痛みが治りました」
  • 「投げても痛くない」
  • 「フルマラソンが走れました」
  • 「あきらめていたゴルフができました」
  • 「全国大会で決勝に進出しました!」
  • 「柔道に復帰しました」
  • 「上段蹴りが難なくできます」

などなど多くの喜びの声が届いています。痛みに治療に加え、パフォーマンスアップなどできる限りサポートさせていただきます。

スポーツによるケガ

スポーツ中にケガをされる方が多くおられます。打撲やかすり傷ならまだいいほうですが、時には骨折、靭帯損傷等重度なケガの場合もあります。


スポーツでケガをされたらすぐに当院にお越しください。

約20年の整形外科専門医としての臨床経験の下、的確に診断治療受けられます。またベテラン理学療法士をはじめとするリハビリスタッフの治療で、最速で競技復帰できるようにいたします。万が一、手術が必要とされた場合、速やかにケガに応じて最適の病院(専門医)を紹介させていただきます。

適切な診断治療で、充実したスポーツライフをお送りいただけるよう、全力でサポートいたします!

スタッフ募集
 
おおにし整形外科医院の診療内容
  • 首痛
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 股関節痛
  • 手の痛み
  • 捻挫
  • 骨折治療
  • 労災治療
  • スポーツでの痛み
1
2